歯周病治療


Periodontal disease
[an error occurred while processing this directive]
歯周病は早期発見が大事!
歯周病は細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
それによってかみ合わせなどに影響がでることもあります。
<歯周病の原因>
ハミガキの磨き残しでプラーク(磨き残しを元に増えた細菌の塊)が残ったままになっていると、プラーク中の歯周病菌は歯と歯茎の境目に侵入して炎症を起こし、さらに歯を支えている歯周組織が破壊されてしまい最悪の場合、歯を抜かなければなりません。

さらに歯周病は早産や低体重児などのリスクを高め、心臓病、腎臓病、糖尿病などの全身的な病気にも大きな影響を与えます。そのため、歯周病の早期発見・早期治療が重要になってきます。

歯と歯茎との境目にプラークが磨き残されたままになっていると歯茎は腫れてきます。
さらに凝り固まってしまうと歯石化してしまいご自身でのハミガキでは取ることはできません。
<歯周病の発見>
歯周病は、成人の約8割は歯周病にかかっているとの報告もありますが、自覚症状がない事がほとんどです。そのため、当院では歯周病の診査を初診の方皆様に受けて頂いております。
<歯周病の治療>
歯周病の治療は、原因であるプラークとそれが固まった歯石の除去を基本にしています。
  1. ご自身では磨く事が出来ない"歯周ポケット"と呼ばれる歯と歯茎の隙間。そこにあるプラークと歯石の除去を致します。
  2. また、磨けていないところが磨けるようになるように、衛生士によるブラッシング指導があります。
  3. さらに歯周病の進行が重篤な場合は、歯茎を開いて徹底的に汚れを取り除くこともあります。
程度の差はありますが、成人の約8割は歯周病にかかっているとの報告もあります。 基本的に歯周病によって一度なくなってしまった骨は戻ってきません。医学の発展で骨造成や歯 周組織再生療法などで回復できるようにはなってきていますが、どの症例にも適応というわけで はありません。 そのため歯周病は予防がもっとも重要です。
<歯周病の予防>
定期的に歯周病の検査、クリーニングをされることをお薦めします。
国際歯科クリニックでは、患者様へハガキを出してご案内をしています。
お口の健康を一緒に守っていきましょう。→歯を守ろう
<治療法>

基本的な治療の流れ

歯周病治療

① 診査(歯周精密検査、レントゲン検査など)~診断

② 歯周基本治療

衛生士によるブラッシング指導、クリーニングや歯石 ・ステイン除去・噛み合わせの調整など)

③ 歯周外科処置

(歯茎を開いて歯石除去、場合によって骨造成、歯周組織再生誘導法、メインテナンスしやすい状態にするオペ)

④ メインテナンス